未分類

相談時の注意点

税理士に相続関連の相談を持ち掛けるに際しては、幾つかの注意点が見逃せません。中でも必ず守っていただきたいポイントが、嘘偽りなく現状を全て正直にデータとして伝える姿勢に他なりません。相続という極めて個人的な、しかも自分達の財産が絡む上に、時に肉親間の人間関係のトラブルの懸念なども視野に入る相談事故、無意識の内に事実とは異なる「対外的に格好をつけた相談」に終始されるケースが見られます。

税理士は相談者の実際の状況を事前に知る由もなく、伝えられた限られた情報を全て真実と前提に、的確なアドバイスを模索し届けてくれます。この段階で嘘が混じってしまえば、どれだけ専門知識や豊富な経験値を有する税理士であったとしても、的確な助言を届ける事は叶いません。こうした全幅の相互信頼関係が十分に築かれていない事に双方が気づかぬまま、正式に仕事の依頼へと流れが進んでしまった場合、時に軌道修正が非常に困難となってしまうリスクが否めません。

相談は出来る限り面談形式で、事前に提示可能な資料やデータは簡潔に揃えて準備の上、税理士からの質問に正直に回答する、わからない事は「わからない」と答える姿勢の徹底が大前提です。守秘義務を徹底遵守してくれるのが税理士ですので、絶対に中途半端なやりとりに終始してはなりません。