未分類

大切な事前の相続相談

多くの方々にとって相続問題とは他人事的なイメージであり、限られた大富豪や豊富な財産を有する家系限定のトラブルと捉えがちですが、単刀直入に結論を申せば、これは大きな誤認です。いわゆる一般市民を自認する私達の身に、明日突然深刻な現実問題として降りかからないとも限らず、その一因として相続対策に関して無頓着すなわち「自分達が有する財産を正確に把握認識していない」状態が見過ごせません。

財産と目や耳にすると、高額な現金や貴金属、更には土地付き豪邸などが連想されがちですが、私達の預貯金や財布の中の現金、自宅、自動車、装飾品など、全てが「動産」「不動産」に分けられる財産であり、所有者が他界した場合、相続の対象となる現実が見過ごせません。更にはこの相続は必ずしも先述のプラスの財産のみならず、債務すなわち借金に関しても対象となり、これら負の相続の存在が突然発覚から、家族親族間のトラブルをより深刻化させるケースも数え切れません。

相続対策は元来全ての人達が正確に視野に入れ、然るべき手段を講じておくべき作業です。ですが多くの場合、自分達の現状が分からない、把握する方法すら見当たらないのが現状です。ここでは有事に迅速確実に相続なる必要不可欠な作業を完了すべく、早い段階での税理士への相談、更には困った状況下からの速やかな相談のメリットに関してお伝えします。私達の人生に於いて必ず直面する時が訪れる相続問題だからこそ、然るべき存在として税理士とのパイプ構築からの相続相談がお薦めです。