未分類

相談時の注意点

税理士に相続関連の相談を持ち掛けるに際しては、幾つかの注意点が見逃せません。中でも必ず守っていただきたいポイントが、嘘偽りなく現状を全て正直にデータとして伝える姿勢に他なりません。相続という極めて個人的な、しかも自分達の財産が絡む上に、時に肉親間の人間関係のトラブルの懸念なども視野に入る相談事故、無意識の内に事実とは異なる「対外的に格好をつけた相談」に終始されるケースが見られます。

税理士は相談者の実際の状況を事前に知る由もなく、伝えられた限られた情報を全て真実と前提に、的確なアドバイスを模索し届けてくれます。この段階で嘘が混じってしまえば、どれだけ専門知識や豊富な経験値を有する税理士であったとしても、的確な助言を届ける事は叶いません。こうした全幅の相互信頼関係が十分に築かれていない事に双方が気づかぬまま、正式に仕事の依頼へと流れが進んでしまった場合、時に軌道修正が非常に困難となってしまうリスクが否めません。

相談は出来る限り面談形式で、事前に提示可能な資料やデータは簡潔に揃えて準備の上、税理士からの質問に正直に回答する、わからない事は「わからない」と答える姿勢の徹底が大前提です。守秘義務を徹底遵守してくれるのが税理士ですので、絶対に中途半端なやりとりに終始してはなりません。

未分類

税理士という存在

司法書士、行政書士、税理士という各々の専門職種に関しては、私達一般人は日常馴染みが薄い事もあり、明確な区別が難しいと捉えておられる方々も少なくありません。いずれも相続相談先として心強い対象ですが、各々が担う専門分野が異なるため、相談したい内容によって相手を正しくチョイスする必要があります。

まずは司法書士ですが、こちらは不動産の名義変更すなわち登記手続きが独占業務です。相続対象の財産に不動産が含まれ、それが重要なウエイトを占める最重要課題の場合を始め、遺言書作成や戸籍謄本を始めとする相続調査などに関しては、司法書士へのコンタクトが確実です。次に行政書士ですが、こちらも遺言書作成や預金や株式の名義変更など、相続に関する重要な公的書面の作成などで力添えを仰ぐ事が叶う存在です。

そして税理士の見過ごせぬ独占業務として、税務署への申告手続きが挙げられます。相続に際して必要不可欠かつ複雑な手続きであり、これをないがしろにしてしまった結果が、皆さんも時折目や耳にされる「追徴課税」なる公的なペナルティです、勿論税理士は他の相続に関する幅広い専門知識も有していますので、総合的に最初に相続相談先として話を聞いてもらえる相手としてはベストな存在だと判断出来ます。

未分類

見過ごせぬ数々の事例

相続に関するトラブル発生のリスクは、現状を冷静に把握する事で十分に察知が可能です。各々が感情を有する家族親族間の人間関係に個人の財産すなわち「お金」が絡んで来る以上、頭の中では理解出来ていたにせよ、その時点での各々の金銭事情やそれまでの歴史などが複雑に影響し合い、スムーズな処理対応が叶わなくなる事例は数え切れません。

時に親族間の骨肉の争いにまで及んでしまう相続ですが、こうした展開を想定から関連する法律が制定されており、遺産分割など最終的実は「法定相続分」なる割合に基づく分与で強引に事態の収束を図るケースも多々見られています。ですが私達が必要十分条件を満たすだけの関連専門知識を有しているとは限らず、更には所定の手続きなどは非常に複雑で、専門知識と資格を有する第三者の力添えを仰ぐのが一般的です。

ちなみにこうした相談を持ち掛ける先として、弁護士、司法書士、行政書士、税理士が挙げられますが、各々皆さんが置かれた状況に応じ、ベストマッチとなる存在が異なります。ちなみに既に相続に関するトラブルが深刻化してしまっている際には、問題解決と代行執行の相応が可能な弁護士が適任で、早期段階の相談に際しては、親身に相談に応じてくれる税理士の存在が見過ごせません。

未分類

大切な事前の相続相談

多くの方々にとって相続問題とは他人事的なイメージであり、限られた大富豪や豊富な財産を有する家系限定のトラブルと捉えがちですが、単刀直入に結論を申せば、これは大きな誤認です。いわゆる一般市民を自認する私達の身に、明日突然深刻な現実問題として降りかからないとも限らず、その一因として相続対策に関して無頓着すなわち「自分達が有する財産を正確に把握認識していない」状態が見過ごせません。

財産と目や耳にすると、高額な現金や貴金属、更には土地付き豪邸などが連想されがちですが、私達の預貯金や財布の中の現金、自宅、自動車、装飾品など、全てが「動産」「不動産」に分けられる財産であり、所有者が他界した場合、相続の対象となる現実が見過ごせません。更にはこの相続は必ずしも先述のプラスの財産のみならず、債務すなわち借金に関しても対象となり、これら負の相続の存在が突然発覚から、家族親族間のトラブルをより深刻化させるケースも数え切れません。

相続対策は元来全ての人達が正確に視野に入れ、然るべき手段を講じておくべき作業です。ですが多くの場合、自分達の現状が分からない、把握する方法すら見当たらないのが現状です。ここでは有事に迅速確実に相続なる必要不可欠な作業を完了すべく、早い段階での税理士への相談、更には困った状況下からの速やかな相談のメリットに関してお伝えします。私達の人生に於いて必ず直面する時が訪れる相続問題だからこそ、然るべき存在として税理士とのパイプ構築からの相続相談がお薦めです。