税理士という存在

司法書士、行政書士、税理士という各々の専門職種に関しては、私達一般人は日常馴染みが薄い事もあり、明確な区別が難しいと捉えておられる方々も少なくありません。いずれも相続相談先として心強い対象ですが、各々が担う専門分野が異なるため、相談したい内容によって相手を正しくチョイスする必要があります。

まずは司法書士ですが、こちらは不動産の名義変更すなわち登記手続きが独占業務です。相続対象の財産に不動産が含まれ、それが重要なウエイトを占める最重要課題の場合を始め、遺言書作成や戸籍謄本を始めとする相続調査などに関しては、司法書士へのコンタクトが確実です。次に行政書士ですが、こちらも遺言書作成や預金や株式の名義変更など、相続に関する重要な公的書面の作成などで力添えを仰ぐ事が叶う存在です。

そして税理士の見過ごせぬ独占業務として、税務署への申告手続きが挙げられます。相続に際して必要不可欠かつ複雑な手続きであり、これをないがしろにしてしまった結果が、皆さんも時折目や耳にされる「追徴課税」なる公的なペナルティです、勿論税理士は他の相続に関する幅広い専門知識も有していますので、総合的に最初に相続相談先として話を聞いてもらえる相手としてはベストな存在だと判断出来ます。